エンドゲーム 大統領最期の日

「エンドゲーム 大統領最期の日」を観た。

2006年の作品で、主演はキューバ・グッディング・ジュニア。共演に「ディック&ジェーン 復讐は最高!」のアンジー・ハーモン、あとジェームズ・ウッズ、アン・アーチャー、バート・レイノルズという渋い布陣。

シークレット・サービスのキューバ・グッディング・ジュニアは大統領を警護する凄腕だが警備中に大統領を暗殺されてしまう。激しく自分を責めるキューバ・グッディング・ジュニア。そんななか記者のアンジー・ハーモンは暗殺は単独犯ではなくて計画的なものではと嗅ぎつけ、その陰謀に迫るのだった…という話。

果たして犯人は誰か、という謎。それと時々挿入されるそれなりのアクション。伏線も回収される。わりと手堅く作られているなと思う。少なくとも低予算にありがちなチープさやいい加減な脚本演出ということもない。しっかりしている。
でも時々退屈だった。なんでだろう。ややスピード感が足りないかもだった。あとキャストに華が欲しかった。

大統領の暗殺というデカい素材を扱うのが良くなかったのか。アンジー・ハーモンが正直なところ主演だと思えるくらいの捜査能力だったが、いかにも肉食な感じでして、それにしてもアンジー・ハーモンって誰なんだ感が強すぎで戸惑った。
バート・レイノルズが最大の謎すぎた。何で出てきたんだっていう。

あわせて読みたい