イベント・ホライゾン

「イベント・ホライゾン」を観た。

監督は「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソンだ。
サム・ニールとかローレンス・フィッシュバーンとか。

過去に消息を絶っていたイベント・ホライゾン号に向かうクルーたち。ということで、ハードSFです。ビームがピュンピュン飛ぶようなアクションじゃない。謎がありつつ宇宙環境での生存が問われるような。でも何かがいる的な。

どうもこういうジャンルはわりと好みである。正直、「何か」の存在でうまくいった映画ってピンとこないのも確かなのだが(そういう要素はなくたっていいくらいだ)…。どっちかというと、宇宙服をつけずに放り出された人を救出するとか、そういうところに映画的要素があるのだと思う。謎の生命体とか謎の意思とか謎の精神とかねえ…

この映画、途中までは雰囲気がたっぷりで、謎だらけで、それはそれでいい感じなのだ。だけど後半はサム・ニールの豹変というかマッド・サイエンティスト的なところとサム・ニールってスーパーマンなのかよというくらいの神出鬼没加減。SFが一気にホラーになってしまい、ちょっとそのへんは残念なところ。
血のプールみたいなところにドボーンとか、もうSF関係ないしなあ。

でもこういうSFのジャンル、わりと好きだなあ。宇宙という閉鎖的な空間で、自分たちが乗ってきた安全な宇宙船から謎の宇宙船に移動して、そこに何かがいるっていう要素。

 
イベント・ホライゾン [DVD]
ローレンス・フィッシュバーン マイケル・ケイメン

イベント・ホライゾン [DVD]
コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) 12モンキーズ [Blu-ray] エンゼル・ハート [DVD] ザ・ウォード 監禁病棟 [Blu-ray] デビル [Blu-ray]
by G-Tools