ゴーン・ガール

ゴーン・ガール

「ゴーン・ガール」を観た。

Gone Girl

デヴィッド・フィンチャー監督最新作だ。そこそこの脚本が巧みな演出でまあまあのクオリティに仕上がるというイメージの人。初期の頃は脚本も良かったのだが近作はホントつらいところばかり。あと万人受けしない作品づくり。

ベン・アフレックとロザムンド・パイクの夫婦が崩壊して危ういバランスを続けていかざるを得ないところで終わる話だ。予備知識まったくない状態で観たのだが、ベン・アフレックの猟奇的なもんかと思ってたらロザムンド・パイクの主演作といってもいいのですね。驚いた。「バーニーズ・バージョン ローマと共に」の好演が忘れられないロザムンド・パイクであるが、本作では隙だらけの天然悪女を演じる。すべてが計算ずくということもなく、わりと思い切りはよく悪事に手を染めるのだが、金を奪われたり嘘を塗り重ねたりと脇が甘い。得たいの知れない行動力が気味悪く、どこまでが本心か誰もわからない。そんなロザムンド・パイク。
難役だったと思う。これでアカデミー賞ノミネートか。凄いなロザムンド・パイク。でも「バーニーズ・バージョン ローマと共に」のほうがベストプレイでしょう。

ベン・アフレックのテレビ越しのアゴサインが光ります。まったくとんでもない国だアメリカは。

 
ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]

ゴーン・ガール(初回生産限定) [DVD]
96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD] イコライザー(アンレイテッド・バージョン) [DVD] サボタージュ [DVD] 誰よりも狙われた男 [DVD] ケープタウン [DVD]
by G-Tools