翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件

めるかとる

麻耶雄嵩「翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件」を読んだ。

なんか面白い本ないかな、と調べたらこれがおすすめされていたのだ。
読んでみて、そんな面白いか?と思った。

ちょっと昔の本格もの、という雰囲気。
どんでん返しのどんでん返し。しかし「うわ、やられた」という気分はいっさいなく、どちらかというと作者の世界観になじめず置いてけぼりにされた印象。

これをなんで読んだかというと…この作者は良いらしいんだが、どうせ読むならデビュー作を読んでおこうという流れだった。
(デビュー作なのに「最後の事件」とか言うてるが)

デビューではいまいちだったが、少しずつ成長したということでしょうか。
まだ判断しかねるので、もう少し読んでみるかもしれん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です