みんな元気。

みんな元気

舞城王太郎「みんな元気。」を読んだ。

ちょっといまいちだった。
表題作を含む、中短編集。なのだが、表題作の「みんな元気。」がとにかく読みづらかった。

これまで舞城王太郎は楽しくすいすい読んできたんだけど、「みんな元気。」はちょっと辛かった。
意図的なんじゃないかってくらい、読みにくくしてあると思う。

それ以外の短編は、もう小粒で。面白いかもしれないけどエンジンかかってすぐ終わるって感じで読み足りない気分にさせられた。

いつの時期の作品なのだろう。…せめてそれぞれの中短編に関連性くらい欲しかった。
最近思うのは、ほんとに芸のない短編集って、惰性でリリースされるアルバムのようなもんだなあと。

どうも短編より長編に気持ちが向いていっている気がするな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です