父、帰る

「父、帰る」を観た。

ロシアの映画だ。ヴェネツィア映画祭で金獅子賞を獲っている。出演者の一人が撮影後に亡くなっているというのは、後で知ることである。嫁が「面白そう」と借りてきた。面白そうか??

出演者は少なく、ロシア映画界では有名なのかもしれんがちょっと存じ上げない。主人公は少年(弟)であり、少年(兄)と母といるところに唐突に父が帰ってきて話が始まるのだ。
映画の冒頭で弟と兄がひたすら道を走っているところあたりから、もう映画って感じがバシバシしてて、父が突然に帰ってきて謎すぎるし、中盤終盤まで緊張感たっぷりで観られるのです。

最後があまりにもあっけなく、そこが尻切れ。でも全編に渡って緊迫してた。いったいどいつもこいつも何がしたいんだ、という気持ちにもなる。実に全体的にザ・映画。

こういう作品があるとは知らなかった。力作だとは思うが、まあ…エンターテインメントではないですね。ロシア映画おそるべし。原題は「Vozvrashchenie」で、何て読むのかもわからない。

 
父、帰る [DVD]

父、帰る [DVD]
太陽に灼かれて [DVD] 12人の怒れる男 [DVD] イゴールの約束 [DVD] ビフォア・ザ・レイン [DVD] ヴィターリー・カネフスキー DVD-BOX
by G-Tools