私が彼を殺した

私が彼を殺した

東野圭吾「私が彼を殺した」を読んだ。
先日、古本屋で購入したものだ。それを一気に読むことにした。

読む前から思っていたが、この本、電車の中とかで流し読みしたらわけわかんなくなるだろう。一気に読まないと駄目だ。

「どちらかが彼女を殺した」同様に、犯人が明かされないで終わる。「さあ犯人は誰だったでしょう」で終わるのだ。

なので注意しながら読み進める。三時間ほどで読み終わった。
さっぱりわかんなかった。

解説を読んで、ネットで調べて「ふーーん。そうかあ、あいつが犯人だったのかあ」とわかったものの、釈然としない。
調べてみると、この本、単行本化のあと、文庫化されたわけだが、なんと単行本と文庫では犯人が変更されているのだ。
つまり細かい描写を少し変更することで論理的に犯人を変更してしまったらしい。

力作だと思ったが、それをさっぴいても「どちらかが彼女を殺した」には全然及ばないと思った。
読むべきか読まないべきか考えれば、申し訳ないがどちらかと言えば「読まないでもいい」と思った本だった。