サイレントヒル

サイレントヒル

「サイレントヒル」を観た。

Silent Hill

何度も観てる(もう10年で4回目だ)
感想は以前観たときと一緒。非常に面白い。主な要因は、ラダ・ミッチェルの熱演と、ゲーム世界をよく理解した脚本とクリエイティブだろう。

サイレントヒル

単にゲームを実写化した映画作品はいろいろあるが、本作がそれらと一線を画しているのはそういった要素だ。ラダ・ミッチェルの(養子だが)娘を探し続ける焦燥感が凄いのです。これぞ演技という感じ。あと何でだかサイレンが鳴ると世界に闇が訪れて、周囲が錆とか血に変貌するという謎すぎる世界観を良く表現している。

サイレントヒル

かなり時間を経て作られたまさかの続編「サイレントヒル: リベレーション3D」は正当な続編ストーリーながら、あまり面白みはなかった。やっぱりラダ・ミッチェルの奮闘が起こした奇跡なのだろう。残酷な表現多々ありなので人を選ぶと思いますが、お薦め。

あわせて読みたい