ブラックリスト

ブラックリスト

「ブラックリスト」を観た。

The List

シエンナ・ギロリーが主人公の妻として登場する作品。ということくらいしか書きようがない。全体的にB級なこの作品が2013年公開ということも信じがたいのだが、なぜシエンナ・ギロリーが出演しているのだろうと不思議になるような、あまりにも面白みのない作品。

腐敗した政治家や悪いことしてる有名人とかをネットで投票するサイトがあって、その1位になった人が変死する事件が起こる。そのサイトを運営する主人公も騒動に巻き込まれていき…という話。
かなり低予算臭がして、そのサイトが世間で受け入れられている様子とか事件がおおごとになっている感がなく、あくまで部屋のなかから「周りで何か起こっている」と描写するにすぎない。低予算映画にありがちだ。

正直、ストーリーとかも面白みなく設定も曖昧(肝心なところとかディティールを詳しく説明しない)で眠くなる。
シエンナ・ギロリーは美しすぎる主婦っつうんですか、とにかくいきなり映画的にさせてくれる存在感ではあるが、それでも何でこの作品に出てるんだろうと思う。もしかして撮影はもっと前で無理やりDVD化したのかと思う。

これは観なくていいかなあ。これ観るくらいだったら、「バイオハザードII」のほうが良いですね。内容は全然違うけど。