ファミリー・アゲイン 離婚でハッピー!?なボクの家族

ファミリー・アゲイン 離婚でハッピー!?なボクの家族

「ファミリー・アゲイン 離婚でハッピー!?なボクの家族」を観た。

A.C.O.D.

ひどい邦題だ。原題は「A.C.O.D.」で、Adult Child of Divorceの略。子供時代に親が離婚したことでその子供の成長に悪影響が出るというテーマを扱っている。
そりゃ悪影響出るだろうなというものだが、話のほうはコメディなので、トンデモな親が登場して、それに振り回される主人公のアダム・スコット。

さてこのアダム・スコットだが、実に特異的な風貌である。一瞬、ジョージ・クルーニーやロバート・レッドフォードのような渋い顔つきをしているのだが、なんだか体全体がアンバランスで、それがゆえにコメディアンとして成立しているというか。

これまで多くの作品に登場しているが、しっかり主役で観たのは初めてかもしれない。
脇役も結構すごくて、リチャード・ジェンキンスやCatherine O’Hara、メアリー・エリザベス・ウィンステッドやジェシカ・アルバが出てくるのだ。なぜかメアリー・エリザベス・ウィンステッドやジェシカ・アルバの登場シーンはわずかで、なぜか超脇役だ。もったいないキャスティングだが、何か大人の事情でもあるのかもしれない。

話のほうは、両親が離婚したが、なんでか寄りを戻してしまうことでドタバタになるのだが、そもそも幼少時代に親が離婚したことのトラウマをメインテーマとするはずが、いまさら寄りを戻してしまうことに右往左往する本題では、そもそもメインテーマ関係無しに色々とトラウマになってしまうだろうというものだった。

むしろこの作品は、エンドクレジットで本当のA.C.O.Dたちが出てくるのだが、そのコメントが生々しいというか、そこを観るだけで現代アメリカの抱える爆弾を少しでも感じ取れる感じになっております。

 
ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族 [DVD]

ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族 [DVD]
なんちゃって家族 ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray] 泥棒は幸せのはじまり [DVD] 恋のベビーカー大作戦 [DVD] アメリカン・パイパイパイ! 完結編 ~俺たちの同騒会~ [DVD] New York 結婚狂騒曲 [DVD]
by G-Tools