マーシュランド

マーシュランド

「マーシュランド」を観た。

La isla mínima

スペイン映画。出演者はよくわからない。スペインのゴヤ賞を総なめにしたとか、かなり評判の高い作品だ。なんか「キリング・フィールズ 失踪地帯」みたいな作品かなあと予測した。

実際そんな感じだった。とにかく重量級な、骨太なミステリー。映画で観るのもいいが本で読むのもよさそうな、そういう感じ。

スペインの片田舎に、左遷されてやってきた若いペドロという刑事と、地元のベテラン刑事フアンの二人が主人公。
少女行方不明事件が起こり、暴行されて死亡した状態で発見される。この事件を追うなかで、ペドロとフアンが出会うスペインの生々しい問題の数々…とか、そういう感じのダークミステリー。

ただ、観ててぐいぐい引き付けられる展開で…というほどでもない、淡々と進むんだが題材は重厚で…というタイプの作品。だから眠くなるかもしれない。どんどん核心に迫っている感じがあまりなく、大事なことはぼかしてエピソードが進行してる感じで、やや突き放したところもある。

でも雰囲気は見事だし、あと出演者もかなり達者で、もうこいつ本当にこういう凶暴なやつなんだろうか?とか思わされる、リアルな切り取り方が何ともいえない作り方をしている。

最後の最後、事件解決かと思いきやスッキリしてないのでやっぱり…という落ちだが、これはこれで話をはっきりさせてほしかった。まあ雰囲気はありましたが。

どうだろうな…もっと力作のミステリーはあるよね、といったところ。雰囲気はやたらよく出来ていたように思うが、突き放したような見せ方がどうもなあという感想だった。

あわせて読みたい