ダイバージェントNEO

ダイバージェントNEO

「ダイバージェントNEO」を観た。

Insurgent

まっ、あの「ダイバージェント」の続編だ。出演者は続投。主演はシェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ジェイ・コートニー、ゾーイ・クラヴィッツ。そしてケイト・ウィンスレットなど。それからアシュレイ・ジャドが回想シーンに。あとオクタヴィア・スペンサーやナオミ・ワッツも登場してくる。
実に多勢なキャスト陣。

とにかく前作を観ていないと何がなんだかの作品だ。しかも観ていても何がなんだかだろう。正直なところ、前作で何が課題として残ってて、主人公たちを待つ未来は何だったっけと思っていた。この続編でいきなり緊迫した感じでお話しが始まるけれども、何だったっけという思いは最後まで続いた。

興業的にも成功しており、当然のように続編が作られる予定。その続編は当然のように前後編にわかれるのだ。もう「トワイライト」「ハンガー・ゲーム」と同じ。そんなに長引かせる要因は何なのだろう。

さて「ダイバージェントNEO」ですが、あまり話が面白くないってのもあるが、主人公のシェイリーン・ウッドリーの佇まいも何だかだった。「ファミリー・ツリー」の輝きはどこへ行ったんだろう。主役のヒロインにしてはあまりにも競合と比べて弱いと思いました。精神的にも物理的にも。

どうしたもんか…正直、続編が出たら観るのだろうか。悩みどころ。

あわせて読みたい