バニラ・スカイ

バニラ・スカイ

「バニラ・スカイ」を観た。

Vanilla Sky

前にも観たことあり。スペイン映画「オープン・ユア・アイズ」をハリウッドリメイク。元作品に出演していたペネロペ・クルスが同じ役で出演。
トム・クルーズ主演。出演はキャメロン・ディアス、カート・ラッセルほか、ティルダ・スウィントンやマイケル・シャノンも出ている。

トム・クルーズはこの作品以前では「ザ・エージェント」でアカデミー主演男優賞ノミネート、スタンリー・キューブリックの遺作「アイズ・ワイド・シャット」に出演、「マグノリア」でアカデミー助演男優賞ノミネート、そして並行して「ミッション:インポッシブル」の第1弾、第2弾を製作兼ねてヒットさせており、もう絶好調のときでしょう。まあトム・クルーズは結局のところずーっと絶好調なのだろうけど。それでも恐ろしいほど勢いがある頃ですね。2001年の作品。

「オープン・ユア・アイズ」は面白かったかどうかは今となっては微妙だけど、当時はミステリーの凄みは感じたと思う。そのハリウッド・リメイクを随分と豪華キャストでやったもんだ。当時、ニューヨークのタイムズ・スクエアを無人にしたロケが話題になったような。
この当時のトム・クルーズの勢いからしたら、不可能なことは無いのでしょう。

さて作品のほうだが、ほとんど話を覚えていなかった。こんなに夢診断というか夢と現実の境目がなくなるようなストーリーだったっけ…と思った。もっと本格スリラーだと勘違いしていたかも。かなり観念的な話である。まわりくどいラブストーリーとも言える。

ペネロペ・クルスは凄い美人だと思った。そしてトム・クルーズもえらく男前だった。
そういえばポール・マッカートニー提供の主題歌「Vanilla Sky」がアカデミー賞のオリジナル歌曲賞にノミネートされたが、この曲は今でもサントラに収録されているのみで、公式にはポール・マッカートニーのアルバムのほうに収録されていない。