読者よ欺かるるなかれ

読者よ欺かるるなかれ

カーター・ディクスン「読者よ欺かるるなかれ」を読み終わる。

とてもつまらなかった。
読んでる途中からダメそうだと思いつつも、せっかく買ったんだから最後まで読んだ。

何で買ったんだろうか。
タイトルにそそられたのだ。本屋に行ったら「話題の本」とか言うて置いてあったのだ。

犯行の動機が詳しく語られていない。あと、犯人が本当に殺したかった人物が最後にいきなり登場する。
解説によると、それが美学なのだという。それがいいのだという。

これは古いタイプのミステリーで、コナン・ドイルやアガサ・クリスティーや、そういう「トリック」に主眼を置いたものであるから、しょうがないのかもしれない。

しかし松本清張の登場以来、日本のミステリーは「動機」へ傾斜していて、それに慣れているから犯人の動機がないっていうのはやはり抵抗がある。