ジョイ

「ジョイ」を観た。

デヴィッド・O・ラッセル監督作である。ブラッドレイ・クーパーとロバート・デ・ニーロも続投である。話題になりそうなものだが日本では劇場未公開。なんとDVDスルー。
スリー・キングス」「ハッカビーズ」「ザ・ファイター」「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・ハッスル」と来て本作。そんなに面白作を作るというイメージはないが、それでも豊富な出演陣で豪華なドラマを作っている。

ジェニファー・ローレンス主演。「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー主演女優賞受賞、「アメリカン・ハッスル」で助演女優賞ノミネート。本作でも主演女優賞ノミネートだ。作品の出来はともかく、デヴィッド・O・ラッセル監督作はジェニファー・ローレンスのキャリアにはとても重要な存在なのだろう。

あるモップを発明したシングルマザーの奮闘劇だ。掃除のときの体験を活かしたアイデアで手を触れないで絞れるモップを発明。通販番組の力を使って商品売り込みに走るも…という物語。
他の出演者が邪魔だなあと思うくらい話にあまり絡んでなくって、ブラッドレイ・クーパーっていつ出てくるんだというくらい登場が遅く、ジェニファー・ローレンスの健気なシングルマザーっぷりで終始していた。
これまでの監督作と異なり、ジェニファー・ローレンスをがっつり主演に推している。
しかし物語は正直言って平易なもので、これのどこが面白いのかいまいちわからない。まあよくある話といえばそうだし、それ以上に何か妙味なストーリーラインがあるかというと無い。逆転劇もない。頑張った人が成功する。そういう話。

前2作の成功が華々しいだけに、やや残酷すぎる地味な評価となっている本作。しかし確かにそれなりのものだったという感じ。
もうちょい面白くなりそうなものだ。ジェニファー・ローレンスはまだ20代半ば。恐ろしいもんだ。