カポーティ

カポーティ

「カポーティ」を観た。

カポーティの話。
うーん…興味わかねえ…

 
フィリップ・シーモア・ホフマンがアカデミー賞を受賞した。
「セント・オブ・ウーマン」「マグノリア」など良かった。期待してしまうというものだ。

感想は…なんだろう。どう言えばいいのか、難しい。別に難解な映画だという意味ではない。
少しも面白くなかった。のだが、俺って大丈夫なんだろうかと複雑な気持ちになった。なので難しい。

面白くなかったんだよなあ。世間では評価されてるのか?
フィリップ・シーモア・ホフマンはもともとすごいバリトンなムーディーボイスだが、映画の中ではお姉言葉で。でもそれは絶賛されるほどのものではないんじゃ?役作りであって当たり前だ。

 
なんだろう。違う監督がやれば少しましだったのかもしれない。
でもカポーティの話っていうのが…

 
2005年(第78回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞受賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)
助演女優賞ノミネート(キャサリン・キーナー)
監督賞ノミネート(ベネット・ミラー)
脚色賞ノミネート

 
 
これで、2005年(第78回)アカデミー賞の作品賞ノミネート5作品を全部観たことになる。
クラッシュ(受賞)
カポーティ
ブロークバック・マウンテン
グッドナイト・グッドラック
ミュンヘン

 
そうですねえ…
「クラッシュ」受賞は納得できる。この中だったら、これが一番良かった。
あとは「ブロークバック・マウンテン」も良かった。この2作品はお薦め。

 
ブロークバック・マウンテン [DVD]

ブロークバック・マウンテン [DVD]
ブロークバック・マウンテン (集英社文庫(海外)) モーリス HDニューマスター版 [DVD] アナザー・カントリー HDニューマスター版 [DVD] 太陽と月に背いて [DVD] フィリップ、きみを愛してる! [DVD]
by G-Tools