聖女の救済

聖女の救済

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ。

「ガリレオの苦悩」と同時リリースの、こちらは長編。
犯人がわかってて、殺害のトリックがわからないパターンで、そこに物理が絡む。
(物理かなあ)

ちょっと長編の密度が足りないかなあと感じた。
最後のトリックまで一直線なんだけど、そこまでが疲れる。

ガリレオ湯川のキャラクターが持たないと思う。味オンチとか、そういうの増やしておかないと持たない。
トリックは、確かになるほど的なものでした。
でも、不可能じゃないかと思えた。

最後はちょっと綺麗すぎか。犯人がわかっててのパターンにしては、犯人側の人物像が無いに等しいので、余計に長編の濃さがなかったのかも。