ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩

東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。

容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。
シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が、図書館の予約数も半端じゃなく、やっと順番がまわってきた。

こちら「ガリレオの苦悩」は短編集。どうやらテレビの原作になったのもあるらしい。
テレビ観ないんでよくわかりませんが。

 
どちらかというと、物理ネタが無理矢理に仕込まれるくらいのもので、そんな大げさなシリーズでもないと思う。
探偵役の個性としてもだが、加賀恭一郎のほうが好感がある。(頼りがいがある)

さすがに刷り込まれてるのか、読んでる最中はコンビの女性は柴崎コウをイメージして読みやすかったのである。
あれは完全にアテ書きなんじゃないかな。

わりと楽しく、サクサク読めてよかった。