サイフォン・フィルター をプレイ

sf1.jpg

いまさら「サイフォン・フィルター」というゲームを。
数年前のゲーム。なんか面白そうだなーと思ってたんだけどやらずじまい。

やってみると、操作感とか、グラフィックとか、かなり洋ゲーの香りが。
あと、今となってはPS2の水準に慣れているのでグラフィックが・・・。これはトゥームレイダーにも言えるが。

唐突だが、バイオハザードとトゥームレイダーとメタルギアの操作感はそれぞれ違うわけだが、一番しっくりくるのはトゥームレイダーなのだ。
これはもう好き嫌いの問題だから、他の人は違うだろうと思うけど。

バイオハザードは「3」までは夢中になってやったが「コードベロニカ」から何か面倒くささを感じて「0」は序盤で投げ出し「4」は買ってもいない。

メタルギアも「3」買ったけど序盤で投げ出した。

トゥームレイダーは何度やっても面白い。

操作感を問題にしている。ゲームが面白いかどうかはまた別の話だ。
バイオハザードとかメタルギアとかは、「もう一回やる」ってのが重い。「うーん面倒だなあ」と思う。

その点、トゥームレイダーは思った通りに操作できるので「もう一回やるか」となる。

移動しながら撃てる、横飛びしながら撃つ、ジャンプ中に方向転換する、など実にしっくりくる操作感。
これでマリオのように、ジャンプボタンの押す長さによって飛距離が変ってくるともっと深くなるんでしょうが・・・

でも「なんでバイオハザードって何度もやりたくならないのかなあ」と考えたときに、操作感が悪いことに気付いたのだった。いまさらだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です