本日のおすすめ

「本日のおすすめ」を観た。

一見するとインド映画(ボリウッド)かと思ってしまうがそうではない。
インド料理店を舞台にした奮闘話。かなり鉄板なジャンルである。2009年の作品だが、数年のフェスティバル上映や限定公開を経てDVDスルー、ネット配信に至るというあまり目立たない展開となった。

主役を演じるのはアーシフ・マンドヴィという人で、どっからどう見てもインド人っぽい人。生まれはインドだが成長期にイギリス、アメリカへ家族で移住している。アメリカで俳優となった。
色んな映画で見かける顔だ。「ER」でも数話出ているし、他に「ダイ・ハード3」「アナライズ・ミー」「スパイダーマン2」「オー!マイ・ゴースト」「エアベンダー」「ダークホース リア獣エイブの恋」「プレミアム・ラッシュ」などなど。最近では脇役だが目立つ存在だ。「インターンシップ」では受け入れ側の人物で目立ってた。

舞台はニューヨーク。フレンチのシェフとして修行してきた主人公が、父がやるインド料理店を何とか立て直すことになった。でもインド料理のことはさっぱりわからない。偶然にも元インド料理人のタクシー運転手と出会い、この人に助けてもらいながら奮闘する。スパイスを効かせた料理は評判を呼んで行列を作るようになるが…という話。

こういうコンセプトの映画はもう鉄板と言える。魂をえぐるような爪痕は何も残さないが、映画っていいなあと思わせてくれる。
感想としては、普通に面白かった。という感じ。これまで脇役だったアーシフ・マンドヴィが主演にまわるのだから素晴らしいもんだと思う。それだけでも観られて良かった。

あわせて読みたい