プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」を観た。

続編である。どんな続編なんだろう、てっきりパラレルワールドというか別設定でアン・ハサウェイ主役で、もしくはアン・ハサウェイ主役なだけで何も続編でもなくて邦題があざといのか、そんな感じで考えてたら、本当の続編でびっくり。
いったいあの話をどうして続編作ろうになるのか…わからねえ。

プリンセスのアン・ハサウェイは何不自由なかったんだけど、王位継承を快く思わない奴らが出てきて、そいで邪魔したり企みがあったりするんだが、その敵の男と良い仲になっちまったり。とか。

ちょっとジュリー・アンドリュースが歌いだしたり踊りだしたり、迷走気味だと思った。
アン・ハサウェイはあんまり光るところなし。

このキャリアに不安を抱いて、脱皮として「ブロークバックマウンテン」があって、「プラダを着た悪魔」でブレイクとのことですが、確かにこの「プリティ・プリンセス」シリーズでは苦しいなと思いました。