嘘つきは恋の始まり

「嘘つきは恋の始まり」を観た。

Wes Bentley、ウィノナ・ライダー。主役はあくまでWes Bentleyである。しかしウィノナ・ライダー主演ぽく制作されたのだろうか?Wes Bentleyが年下なのは言うまでもない。

これ、2008年公開の作品だ。もちろん日本では未公開。もう観るのは諦めてましたよ。まさかの今頃DVDリリースである。しかもこんな邦題だし。原題は「The Last Word」である。
主役の男は、自殺者の遺言を手伝う仕事(?)をしている。とある人物の手伝いをして、葬式を見に行き、そこでその自殺した人物の妹に出会う。これがウィノナ・ライダー。なんかウィノナ・ライダーは主役の男に惹かれて、コミュニケーション苦手なこの主役の男を押して押してモノにする。
でも遺言を作ったりの真実を隠した付き合いになってて、これが邦題で言うところの「嘘」になっているわけだ。

まー話としてはカジュアルなラブコメといった具合でもある。おそらく制作側としてはもう少しドラマっぽく持っていきたいのかもしれなかった。
それでも、30代後半のウィノナ・ライダーでは…というものがあると思う。それ以前に30代後半にしてはちょっと劣化にもほどがあるな的なウィノナ・ライダーでもある。もう、いい加減に恋愛する女性とかの役じゃないところを担ったほうがいいと思うのだが…

でも、演技自体は悪くないのだ。主役の男も雰囲気あったように思う。
だから、わざと軽い風な邦題をつけて未公開を引っ張りだしてるところだけが、邪悪なのだ。公開当時に変な邦題つけずにすぐにDVDスルーしてればそんなに悪くならないと思うのだが。

 
嘘つきは恋の始まり [DVD]

嘘つきは恋の始まり [DVD]
ウソツキは結婚のはじまり [DVD] アラフォー女子のベイビー・プラン [DVD] ジュリエットからの手紙 [DVD] 10日間で彼女の心をうばう方法 [DVD] ヒラリー・スワンク『ストーカー』 [DVD]
by G-Tools