ニコール・キッドマンの恋愛天国

ニコール・キッドマンの恋愛天国

「ニコール・キッドマンの恋愛天国」を観た。

Flirting

凄い邦題だが、ニコール・キッドマンの主演作ではない。そして恋愛天国でもない。恋愛天国って何だ。
実際の主演はNoah Taylorとタンディ・ニュートン。この作品はタンディ・ニュートンのデビュー作のようだ。まだ10代。

とある厳格な寄宿舎が舞台。男子と女子はお互いに興味津々だ。若いから。で、周りにからかわれる若者と、外国から編入してきたタンディ・ニュートンの淡い恋物語。タンディ・ニュートンを凄い格下にみるような目つきで終始いるのがニコール・キッドマン。さらにタンディ・ニュートンの気の合う少ないルームメイトがナオミ・ワッツなのである。どちらも発表当時(1991年オーストラリア)は20代前半だが、ニコール・キッドマンは「デイズ・オブ・サンダー」の後になってしまうので、実際の撮影は数年前なのであろう。

まさにボーイ・ミーツ・ガールのジャンルであり、淡いプラトニックな恋愛なのだ。最後はそうでもなくなるが。終盤はタンディ・ニュートンが国に帰って大変なことになってるのを手紙だけで進行したり、若者は退学になって故郷に戻って手紙読んだら大人になった気になって終わるなど、最後はかなり雑である。

邦題は本当にひどいものだ。原題は「Flirting」で作中では「恋愛ごっこ」と訳していた。
1990年当時でニコール・キッドマンとナオミ・ワッツとタンディ・ニュートンが共演していたのだから驚きだ。数年後にトム・クルーズと離婚したニコール・キッドマンは「ミッション・インポッシブル2」にタンディ・ニュートンを推薦したというのだが、本当なのだろうか。

Flirting (1991) / ニコール・キッドマンの恋愛天国 北米版DVD[Import] [DVD]
ニコール・キッドマン

Flirting (1991)  / ニコール・キッドマンの恋愛天国   北米版DVD[Import] [DVD]

by G-Tools