デイズ・オブ・サンダー

デイズ・オブ・サンダー

「デイズ・オブ・サンダー」を観た。

トニー・スコット監督だが、この頃はそんな好きじゃない。「トップガン」がそもそも、そんな好きでもないしな。近年はいい仕事してますな。

この映画は初めて観たのです。
観なくてもだいたい話の想像はつく。ロッキーと似たようなもんだろうと。

やっぱりそうだった。

ニコール・キッドマンは全然輝いてなかった。この頃は、まだトム・クルーズに引き上げられてたんだろうか?ここで適当に終わってたかもしれないのだから不思議だ。

映画は全体的に、トム・クルーズのスター性を証明してた気がする。
「どの映画もそうだが、トム・クルーズって、すごいスターなんだな」というのが、嫁と一致した感想です。