松本清張全集6

松本清張全集6

「松本清張全集6 球形の荒野/死の枝」を読んだ。

「球形の荒野」は、なかなか良かった。「死の枝」は、まあまあ良かった。
という感じでしょうか。

悪くはないのだけど…

「球形の荒野」は初めて読んだ。中長編くらいのボリューム。
序盤から中盤にかけて、ぐいぐい読ませる。すごいなーと感心させられる。しかし後半から変にまとめようという雰囲気が出てきて、少し置いてけぼりにされた。

なんか闇の組織みたいなのに重要人物が始末されるあたりとか。

戦争中に死んだことになった外交官が…てな話です。どんな話だよ。
死んだことになったので昔の知り合いとも交流が断絶して、地球上どこへ行ってもさびしく「存在しない人」という…それで「球形の荒野」か。意味はあるが、いきなり聞いても的なタイトルではある。

「死の枝」は、連作短編集。いつものように繋がりはない。

・交通事故死亡1名
・偽狂人の犯罪
・家紋
・史疑
・年下の男
・古本
・ペルシアの測天儀
・不法建築
・入江の記憶
・不在宴会
・土偶

解説で加瀬俊一氏が「いずれも一応面白い」とばっさり切り捨てている。
どんな解説だよ。いいのか?

しかしその言葉がしっくり合うような、微妙なクオリティだった。
俺はずっと前に読んだことがあって、とても面白かった記憶があったのでなんか残念だった。

「偽狂人の犯罪」「年下の男」などは、よく覚えてる。懐かしい気持ちで読んだ。
どちらもストーリーというか着想は素晴らしい。しかし少しオチが弱いと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です