NOTHING

NOTHING

「NOTHING」を観た。

「CUBE」のスタッフが結集。という触れ込みである。俺は「CUBE」をそんなに面白いと思ってるわけではないんだけど、でもそれなりに楽しんではいたので、じゃあ観てみようかと。

えーとですね。
本当にひどい映画でした。絶対に観てはいけません。

何がひどかったんだろうなあ。全部だな。
どうしたかったんだろう。さっぱり意図がわからない。メッセージをこめてるつもりなのか、もう観客を完全に置いていってしまう構成で、途中からかなり呆れてしまった。

これを観て、「面白かった!」という人はいないと思いますよ。
なんかソダーバーグの「フルフロンタル」を観たときと同じ感想だ。いくら有名監督であっても、こういうのを撮りたいのならホームビデオで満足するべきだし、こんなのを世に送り出してはいかん。

これを宣伝広報する側だって、どんな顔して宣伝できるのだろう。観客をなめるなと言いたい。

かなり辛辣だ。
実はこれを観たのは少し前なのであるが…それでもこんな感想にしかならない。

もう一回書くが、絶対に観てはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です