クラッシュ

クラッシュ

「クラッシュ」をまた観た。

以前観たときから実に3年半ぶりである。これまで「そろそろ『クラッシュ』を観ようか」と思うこともあったが、いやいやまだ早いんじゃないかとか、もう少し経たないとな、とか。
そうやって少し焦らして、3年半ぶりにして「クラッシュ」を再度観たのである。

で、やっぱり面白かった。
最近は面白い映画率が減ってるなーと思わないでもないが、面白い映画ってのは最初から没入感が違う気がする。脚本も、演出も、演技も、最初から違う。

どうなんだよというくらいの人種差別ばっかりだが、アメリカの救いようのない感じがよかった。発砲してしまう店主の娘、あの人は「Saw」シリーズのアマンダだったのですね。アマンダじゃなかった、「Saw III」で最後犠牲者となる女医だね。

前に観たときは、終盤のあっけなさについてマイナス評価だったようだが、今回は観てて実にまともに、綺麗に終わってるなと感じた。3年半も経ってれば見方が変わるようである。

それにしても、透明マントの話はねえ…すげえ。もう恐ろしいくらいに、凄い場面ですね。

 
クラッシュ [Blu-ray]

クラッシュ [Blu-ray]
イングリッシュ・ペイシェント [Blu-ray] グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray] フィクサー [Blu-ray] スリーデイズ [Blu-ray] サイダーハウス・ルール [Blu-ray]
by G-Tools