エグゼクティブ・デシジョン

エグゼクティブ・デシジョン

「エグゼクティブ・デシジョン」を観た。
もう何度目か忘れたが、ときどき観たくなる。

観るたびに、面白い映画だと再評価してる。面白い映画のランキングつけるときに、「トゥルーライズ」とかと同様に、つい選び忘れてしまう映画のひとつ。

 
個人的には「ダイ・ハード」と良い勝負なんじゃないかと思う。突飛な設定で危険な状況に追い込まれて、それでギリギリのところで勝つと。

役者も演出も、とても良いというわけでもないのだ。いたって普通なんだが、総合的に素晴らしい出来となってる。
不思議。なので印象は地味めで、それでランキングにつけるのを忘れてしまいがち。

 
世の評価はそうでもないようで、スティーブン・セガールがあっさり消えていくのが大ブーイングのようです。
しかし、スティーブン・セガールを観たくてこの映画を観るのか?という気がするし(そんなにスティーブン・セガールのファンってたくさんいるのだろうか)、むしろあそこで消えていくから映画が面白くなるんじゃないかと思う。

 
カート・ラッセルは普通。ハル・ベリーが若い。ジョン・レグイザモは副隊長みたいな立場で追い詰められてイライラしてるのが、まあハマりすぎ。
他にもJ・T・ウォルシュとかオリバー・プラットとか、色々出てる。

 
観て損しないので、まだ観てない人はぜひ観るべき。

 

エグゼクティブ・デシジョン エグゼクティブ・デシジョン
カート・ラッセル スティーブン・セガール ジョン・レグイザモ

沈黙の断崖 スティーヴン・セガール 沈黙の聖戦 特別版 スティーヴン・セガール 沈黙の傭兵 死の標的 沈黙の要塞
by G-Tools