ラスト・キャッスル

ラスト・キャッスル

「ラスト・キャッスル」を観た。

The Last Castle

ロバート・レッドフォード主演である。マーク・ラファロが意外に大きめの役。憎まれ役にはジェームズ・ガンドルフィーニが。あとデルロイ・リンドー。この映画は2001年の作品ということで、もう10年以上前ということになる。

軍人刑務所が舞台。伝説の英雄であるロバート・レッドフォードが受刑者としてやってくる。刑務所長は受刑者に対して不当な扱いを続けていたため、ロバート・レッドフォードは立ち上がる。

最初、「ショーシャンクの空に」みたいな話なのかなーと思っていたのですが、やがて「ロックアップ」みたいな感じになってきて、プリズン・ブレイクぽい感じにも。まあ脱出はしませんが、戦うと。

冒頭はロバート・レッドフォードの老けっぷりが半端ないなあと思ってたが、やがて違和感がなくなっていった。ジェームズ・ガンドルフィーニは不適に達者に演じていたのではないでしょうか。貫禄ありましたな。

受刑者たちが軍人なので、いざ蜂起するときは凄まじく整然としているのだ。きびきび作戦を実行するのだ。
映画の最後はなぜだか感動系でしたが、軍人刑務所で計画的にクーデターが起きると大変なんだなという、不思議な感想を抱いてしまった。

マーク・ラファロは割と好演。というか、おいしい役でしたね。なんであの位置にたどり着けていたのだろう。あ、「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」の後なんだね、そうかそうか。

 
ラスト・キャッスル [DVD]
B001RN8WE0