ラウンダーズ

「ラウンダーズ」を観た。

かなり久しぶりに観た映画。1998年の作品で、主演はマット・デイモン。ほかにエドワード・ノートン、ジョン・マルコヴィッチ、グレッチェン・モル、ジョン・タトゥーロ、ファムケ・ヤンセン、マーティン・ランドー。けっこう通好みのキャストという感じ。

マット・デイモンは「レインメーカー」「プライベート・ライアン」の頃であり、周りの大人からウブな奴と扱われる役が似合う。
エドワード・ノートンは「真実の行方」と「ファイト・クラブ」の間であり、いわばめちゃくちゃ勢いがある頃。

法学生ながらポーカーは天才的で、でも彼女と約束でポーカー断ちしてて、でも悪友が出所してきてポーカー熱が再燃するといった感じの話。
以前観たときは面白くなかったようだ。でも今回は面白かったなあと思った。時間が経つと評価が変わるのは不思議なものだ。

劇中では手札2枚、公開の共有札を組み合わせて手をつくるテキサス・ホールデムというルールで終始プレイヤーたちは勝負する。それにしてもこのルールは何というか運要素が強すぎないかと思う。だからこそ面白いのかもしれないが、あまり惹かれない。

この作品ではグレッチェン・モルとファムケ・ヤンセンという2人の美女が華を添えるわけだが、1998年当時にファムケ・ヤンセンと結婚していたトッド・ウィリアムズ(監督で「ドア・イン・ザ・フロア」「パラノーマル・アクティビティ2」など)は、2000年に離婚。そして2004年にグレッチェン・モルと結婚するのであった。
ということを、これを書く段になって初めて知った。

ポーカーの熱いシーンは迫力あって良かったと思うけど、グレッチェン・モルがもっと活躍してもらいたいものだと思った。

あわせて読みたい