エンド・オブ・ウォッチ

エンド・オブ・ウォッチ

「エンド・オブ・ウォッチ」を観た。

End of Watch

ジェイク・ギレンホールとMichael Peña、アナ・ケンドリックとナタリー・マルティネスとか。
ロス市警の大変な日々を手持ちカメラで撮影された映像で繋いでドキュメンタリ風味に、というものだ。

やってることは過去によくあるタイプの作品づくりで、そんなに新味はない。だけど出てる俳優は一流であるしテンポも悪くない。手持ち映像だけで繋ぐのは苦しいなと思いながらも、そこそこのクオリティであると思った。

ただ、後半になるとMichael Peñaの手持ちビデオだけでは困難になるのか、ちょっとずつ前提ルールが破たんしていなくもなかった。ロス市警の大変ぷりを描きたいのとこの撮影法がマッチしてるわけではないので、ここまでこだわる意味はそんなに無かったかもしれない。

アナ・ケンドリックって「マイレージ、マイライフ」でアカデミー助演ノミネートされてたのか。不思議な顔の小柄な女性だが、今作ではかなり添え物ぽくて残念である。
残念といえばナタリー・マルティネスは「デス・レース」では強烈なポジショニングでしたが、今作ではわずか数年経過しただけでこうなるのかという驚きを感じました。

 
エンド・オブ・ウォッチ DVD

エンド・オブ・ウォッチ DVD
2ガンズ [DVD] キャプテン・フィリップス [DVD] エリジウム [DVD] ファントム / 開戦前夜 [DVD] サイド・エフェクト [DVD]
by G-Tools