さよなら、そしてこんにちは

さよなら、そしてこんにちは

荻原浩「さよなら、そしてこんにちは」を読んだ。

短編集。
いろんな職業の人間模様。

つまらなくはないけど、突出して面白いのもない。

 
一貫したテーマはない。
それぞれの短編は、まあちょっとおかしかったり、ちょっと悲しかったり、まさしく荻原浩テイストなんだが、そこで優れたものがないというか。

振れ幅が小さくて、中途半端。ちょっと何とかのちょっとが小さすぎるというか…何をもって読者に感じさせたいのかわかりにくかった。

 
小ネタは面白いんだけどなあ。
文章に小ネタをちょいちょい挟み込むなんてのは良いんだけど繋がらないのが惜しい。

 
荻原浩のだったら他にいいものがあるので、これからじゃなくてもいいかも。