手紙

手紙

東野圭吾「手紙」を読んだ。

なかなかの力作。一気に読んでしまった。仕事の行きと帰りの電車の中で読むのだけど、ずばり行きと帰りでほとんど読み終えてしまった。

話の内容を詳しく書くとよくないと思うが、とにかく主人公の運命というか生き方に、ぐいぐい惹きつけられるものがあった。ちょいと途中から昼ドラマのようになったかもだが。でも昼ドラマの魅力が詰まっている感じでした。

最後、そんなに綺麗にまとめなくても・・・と思った。もっと救いがない感じでもいいのにと思った。

文庫であれば読んでいいと思います。感動作ではあると思いますよ。泣きはしなかったが。
どちらかというと筆力に感心した。

 

手紙 手紙
東野 圭吾

秘密 夜のピクニック 地下鉄(メトロ)に乗って 真相 分身
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です