SF/ボディ・スナッチャー

SF/ボディ・スナッチャー

「SF/ボディ・スナッチャー」を観た。

以前「インベージョン」を観たとき、これがジャック・フィニイ「盗まれた街」の4回目の映画化だと知り、これまでの映画化作品を観たいと思ったのだった。

この「SF/ボディ・スナッチャー」は2回目の映画化作品。1978年である。

ドナルド・サザーランドが若い!あとジェフ・ゴールドブラムも若い。
さすがに30年以上前。

今から考えると確かに映像はしょぼい。
それでもテンポとかなかなかのもので、この映画は終わり方がよかった。
ああ終わるとは思わなかった。いいじゃないですか、こういうラスト。

「インベージョン」はあれはあれで良いが、こちらの「SF/ボディ・スナッチャー」も負けてないと思った。