ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を買った。

と言っても、買ったのは発売日の3月3日である。Wii U版。クリアしたら書けばいいかと思っていたが想定以上に終わらない感じがしたので、途中で書いてる次第だ。
毎日はプレイできなくて、週に何度か、1時間くらいプレイできれば良いほうか。長男はめちゃくちゃハマって、もうすでにラスボスを倒したらしい。はえーよ。

4神獣を解放せよだか何だかでメインクエストに放り出されてからはそこを無視して世界を巡っていた。半分くらいマップを埋めたあとはゾーラのエリアの神獣を解放、その後ゲルドのエリアの神獣を解放。そしてリトのエリアの神獣を解放、その頃にマップを全て埋めた。というところ。
ストーリーを追うというよりは、祠をみかけたら一直線で向かって攻略し、またフラフラする。みたいな行動を繰り返している。コログの実を得られる仕掛けも見つけ次第すぐとりかかっている。
サブクエストはやれそうだったらやるが、放置したり、思い出したように再開したり。馬はほとんど使っていない。

オープンワールドのコンセプトで、そのコンセプトに乗って楽しんでいる最中という感じ。ストーリーを追うのが面倒ですらある。戦闘がめんどくさいから。

そう、このゲームは戦闘がめんどくさい。索敵範囲が広すぎないか。いつまでも追ってくる。
武器や盾が遠慮なく壊れる。どんどん壊れて新しいの拾って戦う。持ち物欄が狭いがコログの実で拡張。他のオープンワールドゲームのように、自宅なり自分専用の収納箱があれば良いのにと思う(あるのかもしれんが、まだ出会ってない)。

謎解き要素は祠と神獣にて。
祠はホントにミニゲームという感じ。すごーく小さいパズルがいろんなところにある。はっきり言ってパズルの難易度は物足りない。神獣のパズルも手応えない。神獣で最後に戦うボスも手応えない。神獣の(傾けたり)大きな仕掛けを駆使してダンジョンの形すら変えるギミックはユニーク。

それなりの規模のダンジョンがあり、そこで手に入るアイテムを駆使してダンジョンを突破しボスもそのアイテム特性で倒す。というクリア形式は本作では見直されている。アイテムは最序盤ですべて揃う。爆弾は無制限。パラセールでどこにでも行ける。

フックショットやヘヴィーブーツないのか…(あるのかもしれんが、まだ出会ってない)

馬宿をハシゴすることでテリーから簡単に矢を調達できる。本作は弓矢の存在意義がとても強いよなあ。ブーメランなんて武器の一つに成り下がって万能感はゼロになった。弓矢とパラセールと、あと爆弾かなあ。旅のお供は。

オープンワールドの良さなのだろうけど、それでもグラフィック、淡白すぎないか?
世界のスカスカ感って、今時こういうもんなのか。何にもない空間が多すぎじゃないか。Switchだったらスムーズなのかもしれないけど、fps落ちがひどくないですかね。

Wii Uパッド単体で遊べるのが最大のメリットですかね。テレビを他の入力ソースに使えるのは大きいと思う。
クリアしたらまた書くけど、どうだろう。評価ここから良くなるのだろうか。

あわせて読みたい