Mr.&Mrs. スミス

Mr.&Mrs. スミス

「Mr.&Mrs. スミス」を観た。

Mr. & Mrs. Smith

だいぶ前に一度観てる。なんでだか理由は忘れたが何となく観た。話はわりと覚えてた。

ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー。あとヴィンス・ヴォーンが出演。ミシェル・モナハンが脇役にいる。この直後に「M:i:III」でメジャーへ行った。あと声のみでアンジェラ・バセット、ウィリアム・フィクナーが出演。

前に観たときの感想としては、アンジェリーナ・ジョリーはそこまで命を懸けるほどの存在かなあというとんでもないことを書いていた。しかしその感想はそう変わらない。スタイリッシュでおしゃれ感は満載で、どこにでもいる夫婦じゃなく、めちゃくちゃハイパフォーマンスな夫婦なのです。アンジェリーナ・ジョリーだって別にダメってわけじゃなくて凄いゴージャスなんですよ。だけど命を懸けるかっていうと…という存在。

ストーリー的には、ブラッド・ピットよりもアンジェリーナ・ジョリーのほうが頭脳も戦闘も勝っていたように思う。そんなアンジェリーナ・ジョリーでも惚れてしまったブラッド・ピットには心を許してしまう。いったいどんなやつなんだブラッド・ピットは。

この作品がきっかけで、ブラッド・ピットはジェニファー・アニストンと結婚を解消し、アンジェリーナ・ジョリーと交際。のちに婚約、入籍。現実の世界も映画に負けずドラマチックなのである。

あわせて読みたい