バットマン ビギンズ

バットマン ビギンズ

「バットマン ビギンズ」を観た。

早く「ダークナイト」を観るため、バットマンシリーズの最初から順に観ていこうとしていたが、なかなか食指が動かない。
嫁は「もう、いいんじゃないの?別に話が繋がってるわけじゃないんだから」と言う。

それもそうかと、「バットマン ビギンズ」をいきなり観ることに。

いわゆる旧シリーズから生まれ変わった、新バットマン。
クリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベールのコンビ作である。

クリスチャン・ベールは作品ごとに表情が違うので、いまいち印象に残らない。なぜだろう。
ときどきトム・クルーズっぽく見えることもある。

この「バットマン ビギンズ」ですが、いろんな役者が出てくる。
それはそれで楽しいんだけど、話が…

あの異国風のアジアは何なんだろう。
あそこで、渡辺謙と壮絶にバトルするのはよくわからないんだが。

あんまし好きになれんかったかな。
クリエイティブが最新になってるだけで、話としては同じ…そもそもが、そんなに優れてると思えないんですがね。
あとバットマンスーツでマーシャルアーツの場面って、そんなに絵になってるかなあ。派手にしたんだかシリアスにしたいんだか、中途半端な感じがした。

 
いろんな役者が出てるだけに、もったいないと思った。