21グラム

21g.jpg

「21グラム」を観た。
力作でした。とても良かったと思う。

観終わったあとで考えてみれば、タイトルにさほどの意味はないし、ストーリーも良くある話なんだが、なんといっても主役陣の熱演。

ショーン・ペンはまあそんなもんかのテクニカルな感じだが、ナオミ・ワッツとベニチオ・デル・トロはすごく良かった。ありゃーたいしたもんですな。うまいなんて領域じゃないよ。

あと、シャルロット・ゲンズブールが大人でいい女になっていてさらっと出ていたのが良かった。
総じて良かった点多い。

ナオミ・ワッツが病院で子供の安否を医者に聞かされるところと、芝刈りの人をずっと見せて車がすっと横切るところ、とてもいいシーンでした。

めずらしいな。こんなにほめるの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です