ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー

「ドリームキャッチャー」を観た。

久しぶりに観た。
初めて映画館で観たときの、あいつが出てきた場面での「あちゃー」というショックは忘れない。(その瞬間、あちゃーで館内が一体となった気がした)

今回観てみても感想は同じで、序盤とか少年時代とか、実によい感じなのです。そして後半のわけわからんSFで意味がわかんなくなる。最後は化け物と化け物が戦って爆発してドーン。

ほんっと、変わった作品だ。
スティーブン・キング恐るべしだと思いませんか。

モーガン・フリーマンの乗るヘリコプターと、トム・サイズモアの戦うシーンになると、もう、俺違う映画観てたっけとかいう気になるから不思議だ。

 
音楽がいい。