夜のピクニック

夜のピクニック

恩田陸「夜のピクニック」を読んだ。
以前に「Q&A」を読んだときは微妙で(もう少し読んでみないと判断できない)という結論だったので、代表作を読んでみたわけです。

面白かった。
ちょっと恥ずかしいところもあるけど、これはこれで良かった。最後のほうが綺麗に綺麗にまとまってたと思う。

 
80キロ歩くという高校の伝統行事があって、そこを昼夜通して歩き続けるなかで少しずつ物語が進む…という話。ずーっと歩いてる。
話自体はそれなりのボリュームだが時間軸としては短い期間の話なのだ。そのぶん描写が丹念なので、丁寧すぎる気がしないでもないが、テンポは悪くなかった。

本屋大賞受賞か。なるほど。
(ちなみにこのときの次点が、荻原浩「明日の記憶」なのだ。そうかそうか)