トッツィー

「トッツィー」を観た。

有名なダスティン・ホフマン主演映画。そうなんだジェシカ・ラングが助演女優賞を受賞しているのですかこれで。

ダスティン・ホフマンは売れない役者で仕事に困って女装してドラマのオーディションに通って、ちょっと変わったキャラクターが評判になってスターになってしまう。でもジェシカ・ラングにも想いを寄せてしまって、生放送中に暴露するって話。

子供の頃、面白い話だなーと思って観たのは覚えているが、細部はかなり忘れていた。
ダスティン・ホフマンの達者っぷりが目立つ。ダスティン・ホフマンの相棒はビル・マーレイだったんですか。
正直なところ面白いことは面白いけど佳作って感じで、どうしてこれがアカデミー作品賞ノミネートなのかはよくわからなかった。話題になったことはなったでしょうが。

 
1982年(第55回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞ノミネート(ダスティン・ホフマン)
助演女優賞受賞(ジェシカ・ラング)
助演女優賞ノミネート(テリー・ガー)
監督賞ノミネート(シドニー・ポラック)