ジャンパー

「ジャンパー」を観た。

前にも観たことある。今回は子供と観た。短めでわかりやすい話だと思う。そして派手めに扱われるCG。
夢のようなパワーを持つ主人公と、それを抑えるために暗躍する大人たち…ということで、なんだかティーン向け作品のような気がしないでもない。でも続編は作られていない。

事故がきっかけでジャンプする能力を覚醒させた主人公。家を出て数年経ってリッチに暮らす。でも彼を追う謎の男と、組織が…みたいな話。主役はヘイデン・クリステンセン。ヒロインに誰なんだのレイチェル・ビルソン、その若い頃がアナソフィア・ロブ。主人公の両親はダイアン・レインとマイケル・ルーカーだ。謎の男にジェイミー・ベル。敵役にサミュエル・L・ジャクソン。そしてカメオ出演なのか、最後の最後にクリステン・スチュワート。あと最初の最初に2-3秒だけトム・ハルスが出演。

主人公の持つテレポート能力はえらく便利そうな機能。もちろん理詰めではない。今作ではジャンプをしすぎると脳に影響が…とか、そういう設定は一切ない。主人公はジャンプし放題だ。いいなああれ。あんなのあったらいいなあ、とドラえもん的な羨望があった。
そんな主人公が大切に想う幼馴染の運命の女性がレイチェル・ビルソンかよというのはあるが。ヘイデン・クリステンセンとレイチェル・ビルソンは本作がきっかけで交際し、子供も産まれているようだ。なんということでしょう。

ダイアン・レインは実は重要な役。でも出番は極端に少ない。中盤で出てきてびっくりした。
しかしそれにしてもトム・ハルスは何なんだいったい。舞台のプロデュース業が主軸のようだが、出演は2000年代以降ほとんどなし。もったいないことだ。