R.P.G.

408747349X.09.LZZZZZZZ.jpg

宮部みゆき「R.P.G.」を読んだ。

綺麗な装丁である。題名で間口を狭めているような気がする。ちなみに題名には「ロール・プレーイング・ゲーム」とルビがふってあるが、playingは「プレーイング」ではなくて「プレイング」のほうが認知されてんじゃないのかなあと思った。

それはさておき、まあまあ面白かった。限定された空間で一気に話が進むというのが、好みだ。
舞台のようでいいですね。

途中からは犯人もわかってしまって、うーんこれはいつものパターンでスタートは良いけどもまとめが適当な感じなんだろうか、と思っていたが、最後にどんでん返しがあった。

しかしこれは・・・かなりアンフェアな気がするけども。

と、読んだときはそう思ったのだが、考えてみればそれくらいでないと駄目なのかもしれないすね。もうどんでん返しがバシッとはまる本って見つかりづらくなってきた世の中だし。

まあそう書くほど読んでるわけじゃないが。

どうでしょうか。興味があるなら読んでもいいかもですね。
文庫だったら買うというのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です