流星の絆

流星の絆

東野圭吾「流星の絆」を読んだ。

図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。
ドラマ化もされて有名ですよね。

そうだなあ。東野圭吾の作品を読むたびに同じことを書いてる気がするが、やはり物足りない感じかなあ。
傑作ではない。と思う。面白いことは面白いので、そのへんの本に比べたらそこそこ面白いけど、こんなもんじゃないでしょう、と。

ドラマのノベライズっぽいんだよなあ。
(でも、血が繋がってない兄妹の設定がいまいち生かされてないような)

最後、どうしちゃったのかというくらい、綺麗にまとめるのも。
救いようがない話でもいいのに…とか。

まあベテランっぽい、ある程度のクオリティを量産するのは凄いことではあるんだけれども。
でも「白夜行」とかを求めてしまうのはなぜだろうな。