ザ・コア

ザ・コア

「ザ・コア」を観た。

以前に観たことがある。数年ぶりに観た。
なんか磁場の狂う終末感覚の漂う映画ってのを探していて、なんでそんな映画探すのかという話は省略させてもらうが、ともかくそういった映画を探していて、「あーそういえば『ザ・コア』の冒頭ってそんな感じだったような…」と思い出したため。

 
冒頭のパニックぽいところは、鑑賞の理由が理由なだけに、もっとじっくり見せ場が欲しいとさえ思えた。
なんせ、その冒頭の終末世界の説明をざっと終えると、あとは「アルマゲドン」の展開と同じですからね。

どこからそんな最新技術が?というタイミングの良さ。そして犠牲を払いつつも地球の中心まで到達してしまい、残されたのはヒーローとヒロイン。

その二人が、死して使命を全うする展開だったにも関わらず、見事に生還を果たすという手際の良さ。

 

そういうご都合主義も構わないが、冒頭の終末世界観のほうが強烈に印象があった。だから変な違和感。
後半だけ観れば面白い。前半だけも面白い。続けて観ると、違和感。
そんな感じ。

 
有名スターが大挙して出てれば評価が違ったのかもしれない。

 

ザ・コア ザ・コア
アーロン・エッカート ヒラリー・スワンク デルロイ・リンドー

ボルケーノ 容疑者 デラックス版 ザ・ワイルド ディープ・インパクト サウンド・オブ・サンダー デラックス版
by G-Tools