六枚のとんかつ

4062731274.09.MZZZZZZZ.jpg

蘇部健一「六枚のとんかつ」を読んだ。

いやー・・・とても駄目な本だった。とても後悔してる。
今までで一番つまらん読み物だったかもしれない。

裏に書いてある宣伝文に、

新作「五枚のとんかつ」も併録。

(中略)

トリックがバレないように、必ず順番にお読みください。

とあれば、かなり面白そうなもんだ。
だが、これは面白くない映画ほど予告編がよくできているのと同じで、まったく駄目だ。

最後の最後で何かどんでん返しがあるのかと思いきや何もなし。
適当に書きなぐったとしか思えない内容の薄さ。

途中まで語り手の友人として出てきた探偵役はどこかへ消えていくしなあ。あれにまた何か伏線でもあるのかと思いきや何もねえし。

いやーほんとにひどかった。

講談社は何を考えてるのか。

4167106957.09.MZZZZZZZ.jpg

さすがに松本清張だから大丈夫だろうな・・・と口直しに読み始めた。
最初の一ページ読んだだけで、もう期待感がかなり違うことに、あらためて驚く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です