キャスト・アウェイ

キャスト・アウェイ

「キャスト・アウェイ」を観た。

Cast Away

トム・ハンクス主演。ロバート・ゼメキス監督作。
ほぼ作中の半分以上が、トム・ハンクスの無人島での一人芝居というものだ。

フェデックスで働くマネージャー、トム・ハンクスは自社便の飛行機に同乗した際に事故に巻き込まれ、気づくと無人島にいた。そこから少しずつ生存のために技術を積み重ね、そして実に4年も経ってしまう。
満を持して、手製のイカダで島を脱出。救助されたものの…という話だ。

前に一度観たことあるがけっこう忘れてる。このブログに記録してないってことは書き忘れたのだろう。全編トム・ハンクスの一人のみの映画かと思ってた。遭難に至るまでと、生還してからも物語はあったのですね。
むしろ、生還してからがドラマの本領という感じすらある。妻のヘレン・ハントはトム・ハンクスが4年ぶりに救助された(生きていた)という知らせを受けたとき気絶してしまう。もうヘレン・ハントはトム・ハンクスが死んだものと思い、あきらめて心の整理もつけ、再婚して子を産んでいるわけだ。

ヘレン・ハントはそれでもトム・ハンクスに再会すると心が揺らぎまくって、もう今の夫と子を捨ててでもトム・ハンクスのところへ帰ろうとか思ってしまうんだが、それをトム・ハンクスは優しく拒絶する。時が経ち過ぎたのだ。残酷なのである。

最後、だだっぴろい十字路にてどっちに進むか思案するトム・ハンクスのもとにやってくる女性Lari Whiteは、もともとオープニングでフェデックスに荷物を依頼してた工房の人と思われるが、この人は本業は歌手のようだ。ゲストなのだろうか。物語的には、トム・ハンクスに運命の女性が待っていたなんて感じで終わるんだが、ヘレン・ハントとはいったい何だったんだと思わなくもない。

ま、ボールのウィルソンですよね。すべてにおいて。