リクルート

リクルート

「リクルート」を観た。

ちょっと前の映画?初めて観たが。
CIAの養成学校で教官のアル・パチーノと、優等生新入りのコリン・ファレル。

全編、ひたすら騙し騙されで、どこまでが真実なのか疑い深くなってくる映画。
脚本は…どうだろう、わりに整然としてて良い感じだったとは思う。最後までぐいぐい観られた。

悪くない。面白かったと思う。
ちょっとコリン・ファレルが優等すぎるのが鼻につく。

それにしても…CIAの中のPCにはディスクドライブがついてなくて、どうやってデータを盗んでるんだ?という展開のところで、実はUSBメモリで抜いてましたって…そんなのありなのか?

2003年の映画か…そうか、5年くらい前は、CIAからもUSBメモリでデータを盗めたんですか。

 
ブリジット・モイナハンは、どこかで観たような気がすると思ったら、「アイ, ロボット」ですか。そうかそうか。

それは良かったですね。

 

リクルート リクルート
アル・パチーノ コリン・ファレル ブリジット・モイナハン

レボリューション めぐり逢い 喝采の陰で 哀しみの街かど インソムニア インサイダー
by G-Tools