帰らない日々

帰らない日々

「帰らない日々」を観た。

ジェニファー・コネリー最新作。何気に期待してた。
「クラッシュ」や「砂と霧の家」っぽいような、そういう漠然とした不安感が続く演出。

感想から先に言うと、悪くないと思った。緊張感があってよかった。

 
原題は「RESERVATION ROAD」で、これは通りの名前で、ここで轢き逃げ事故が起きる。
轢き逃げされたのが男の子。その父親がホアキン・フェニックス。母親がジェニファー・コネリー。妹はエル・ファニング(稼ぐなあこの姉妹は)。轢き逃げした人がマーク・ラファロ。その妻がミラ・ソルヴィノ。おや、またマーク・ラファロだ。

そう、なんだかキャストが豪華っぽい。
ちょっと多すぎる気がしないでもない。

轢き逃げ事故をきっかけに、それぞれの家庭がおかしくなって、それでお互いの家族は距離的に近しいところにいて、やがて、わかっちゃうわけです。「あいつが轢き逃げした犯人か!」という瞬間がくるわけだ。

その過程が緊張感あったりするんだが、何よりホアキン・フェニックスとマーク・ラファロの演技のぶつかりあいの凄さっていいますかね。あのクライマックスにかけてのお互いの演技は素晴らしいと思いました。

ジェニファー・コネリーは安定してる感じ(もう母親役が定着してしまったのだなあ)だけど、脇役すぎる。
ミラ・ソルヴィノは…歳をとったなあ。感慨。

 

帰らない日々 [DVD] 帰らない日々 [DVD]
テリー・ジョージ ジョン・バーナム・シュワルツ

Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~ (特別編) [DVD] 告発のとき [DVD] アイズ [DVD] 幸せの1ページ [DVD] 最後の初恋 [DVD]
by G-Tools