インサイド・ミー

インサイド・ミー

「インサイド・ミー」を観た。

Plush

エミリー・ブラウニング主演。共演者らはよくわからない。ただ途中でフランシス・フィッシャーが脇役っぽく出てくるんだが…お前は怪しすぎだろ!

言ってしまえばストーカーサスペンスといった作品です。でも2013年の作品だ。そのせいか設定をひねりまくっている。
もともとエミリー・ブラウニングと弟の姉弟がめちゃくちゃ人気だったロックバンドを率いていて、ツアーの途中で弟がドラッグのせいで死亡。エミリー・ブラウニングはそのとき妊娠出産のころで、いろいろあってバンド活動が宙に浮く。
出産し子育てしながらも弟のことを悲しみ想い、それをふっきるためにロック活動を再開させる。おりしも弟のかわりにパートナーとなれそうな男もみつかる。しかし発表した曲はいまいち受け入れられず…という話。

どこがストーカーサスペンスなの?というあらすじだ。オープニングから序盤にかけてこのロックバンド活動の話をどんどんやるのです。正直最初はロック青春物語みたいな話なのかと思ってた。

でも途中からエミリー・ブラウニングのまわりで起こる不可解な謎とか出てきて、フランシス・フィッシャーは怪しいし、話がごろーんと変わってサスペンス調なのでした。意味がわからない。

何でこんな凝った設定にしたものだろう。実に不思議だ。エミリー・ブラウニングがそういうのやりたい派なんでしょうか。はっきり言ってわかりにくい作品です。タイトルといいジャケットといい、エミリー・ブラウニングをフィーチャーした扇情的な感じになっています。確かに途中でそういう扇情的なのもありますが、本筋は違うのでご注意である。

 
インサイド・ミー [DVD]

インサイド・ミー [DVD]
インフォーマーズ セックスと偽りの日々 [DVD] アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray] 美しい絵の崩壊 [DVD] ダイバージェント [Blu-ray] 17歳 [DVD]
by G-Tools